本文へスキップします。

暮らしと法定届出書類(戸籍変更等)

 

 

名称 どんなとき いつまでに どこへ 添付書類等
分籍届 氏(姓)を変えないで従前の戸籍から離れて、独立の新しい戸籍を作るときは いつでも良。届けたときから効力が生じる 分籍する人の現本籍地、住所地あるいは分籍したい先の役所へ 本人の印鑑
分籍は本人の自由な意志でされるもので、どんな場合も親の勝手で子を分籍することはできない。
転籍届 本籍地を他の土地に移すときは いつでも良

届けたときから効力が生じる

届出人の住所地または死産があった場所の役所へ 転籍したい人の本籍地、住所地または転籍先の役所へ
戸籍筆頭者の印鑑
配偶者の印鑑
届出先以外の市区町村に転籍したいときは戸籍謄本2通
離婚・死亡などの原因で婚姻が解消した場合、その婚姻事項は新戸籍には転記されない
氏の変更許可申立書 氏の変更の許可を求めるときは いつでも良 住所地の家庭裁判所へ 申立人各自の印鑑
戸籍謄本
名の変更届 名の変更を届けるときは いつでも良
届けたときから効力が発生
養親あるいは養子の本籍地役所または住所地役所へ 本籍地または届出人の住所地役所へ
印鑑
審判書の謄本
認められるのは、同姓同名の者が近くにいるとか、珍奇な名、難解な名、襲名の必要なときなど
就籍届 戸籍のない人が戸籍を作るときは 就籍許可審判の日から10日以内 就籍する人の住所地または就籍する本籍地の役所へ 印鑑
許可審判書の謄本
許可審判の確定証明書
捨て子などの場合には、乳幼児の場合、市区町村長が名前をつけ戸籍に記載する。
帰化届 外国の国籍を持つ人が日本国民になりたいときは 官報告示の日から10日以内 帰化後の本籍地または帰化する人の住所地役所へ 印鑑
帰化申請のために必要な書類は、身分関係や職業などにより異なるので法務局に問い合わせる

 

最終更新日:1999年12月
Copyright © 株式会社マルニ