本文へスキップします。

リンゴが赤く見える訳

 

先ほど述べたように、光には色が付いているのです。色が見えるのはその光に含まれている色が物に当たって反射するからです。光に照らされた物は、光の一部を吸収し、残りを反射します。たとえばリンゴでしたら、光の中の赤い波長を反射して他の波長を吸収しているというわけです。そして反射された光を目がキャッチしてリンゴが赤いということを認識するのです。

林檎が赤く見える原理図説

最終更新日:2005年5月
Copyright © 株式会社マルニ