本文へスキップします。

主な判型と用途

 印刷物の制作を考えたとき、どのサイズにしたらいいのか考えたことはありませんか?そこで、紙の大きさ、サイズによる一般的な用途などを紹介しましょう。

 

表:使いやすいとされている印刷物のサイズ
判型 寸法(mm) 用途
A4判 210mm×297mm 美術・建築雑誌、カタログ、電話帳
A5判 148mm×210mm 月刊総合誌、文芸誌、一般書籍
A6判 105mm×148mm 文庫本、パンフレット、辞典
A7判 74mm×105mm ポケット判辞典、手帳
B4判 257mm×364mm グラフ雑誌
B5判 182mm×257mm 週刊誌、パンフレット、カタログ
B6判 128mm×182mm 一般書籍
菊判 152mm×218mm 一般書籍
AB判 210mm×257mm 婦人雑誌、美術・建築雑誌
新書判 103mm×182mm 新書、パンフレット
四六判 128mm×188mm 一般書籍

しかし、一般的とされる大きさにこだわらず、印刷物を作成するときのコンセプトや目的に応じて大きさを決めることが大切です。また、折り方も印刷物の出来を決める重要なポイントとなります。

また、印刷は紙だけにはとらわれません。次のような被印刷物もあります。

プラスチック

印刷の対象となるプラスチックには多くの種類があります。また、さびたり腐食をしない、軽くて柔軟、光沢あるいは透明などといった特徴を持っているため、かなり一般的に多方面で利用されています。

金属

ブリキ缶、アルミ缶、ホーロー鉄板などに印刷可能です。

ガラス

板ガラスへの印刷が多く見られていましたが、最近では数が減り、飲料用のボトル、化粧品のビンなどが多く見られるようになっています。

繊維製品

繊維に印刷することを「捺染印刷」といいます。絹、ウール、木綿、麻、、化繊などに印刷ができ、布地に印刷する方法とシャツ、パンツなどに仕立てられたものに印刷する方法があります。

最終更新日:2005年5月
Copyright © 株式会社マルニ