本文へスキップします。

紙のサイズ

 一般に市販されている紙は、日本工業規格(JIS)によって原紙寸法が統一されています。また、仕上がり寸法も0番から10番まで決められています。

 日本工業規格(JIS)によって決められている紙の原紙寸法、仕上がり寸法は以下表のようになっています。

表:日本工業規格の原紙寸法
名称 原紙寸法
A列本判 625mm×880mm
B列本判 765mm×1,085mm
四六判 788mm×1,091mm
菊判 636mm×939mm
ハトロン判 900mm×1,200mm
表:日本工業規格の仕上がり寸法
番号 A 列 番号 B 列
短辺 長辺 短辺 長辺
A0 841mm 1,189mm B0 1,030mm 1,456mm
A1 594mm 841mm B1 728mm 1,030mm
A2 420mm 594mm B2 515mm 728mm
A3 297mm 420mm B3 364mm 515mm
A4 210mm 297mm B4 257mm 364mm
A5 148mm 210mm B5 182mm 257mm
A6 105mm 148mm B6 128mm 182mm
A7 74mm 105mm B7 91mm 128mm
A8 52mm 74mm B8 64mm 91mm
A9 37mm 52mm B9 45mm 64mm
A10 26mm 37mm B10 32mm 45mm
紙取りの図

上表からもわかるように、A列0番が841mm×1,189mm=1平方メートル、B列0番が1,030mm×1,456mm=1.5平方メートルであることから、A:B=1:5になります。従って、おなじ厚さの紙では、重さが変わってくることになります。また、縦と横の比率がすべて、1:√2になっているので、右図のように用紙を半分に断裁していった場合すべて相似形になります。

印刷をする場合は、A、B列よりもそれぞれひとまわり大きな、菊判、四六版という紙を用います。これは、仕上がり加工(製本作業)を施すことによるものです。

最終更新日:2005年5月
Copyright © 株式会社マルニ