本文へスキップします。

綴じ

 

本を代表とする各種ページものと呼ばれる印刷物は、ページに重ねられた後、様々な方法で綴じられていきます。綴じ方は、印刷物のもち、保存に影響する大切な作業です。

綴じ方いろいろ

無線綴じ

針金や糸を使わず、接着剤だけで綴じる方法で、現在の主流となっている。

針金綴じ

針金を使う綴じ方で、ある程度厚みの出る本は平綴じに、薄いものは中綴じといってページを開いた中央を止める。

平綴じ図説中綴じ図説

糸かがり

本の折り目のところを糸でかがってく方法。この方法は、本の開き具合が良く、紙を傷めないので高級な書籍に用いられる。

リング綴じ

背の部分に穴をあけ、針金またはセルロイドのリングで綴じる方法。必要に応じて、途中でもページを増やせるのが特徴。

最終更新日:2005年5月
Copyright © 株式会社マルニ